筋トレって費用かかる!?1番大切なこととお金をかけるべき点とは?

どんゴリ(@dongori_momoki)です。

 

どんゴリ
どんゴリ

“タダ”でできる、自己投資としてはリターンの大きい筋トレですが、お金をかけるべき点もあります。それと合わせて1番大切なことが分かります。

 

筋トレに関してお金をかけるべきことって何でしょう?

考えてみると、筋トレはお金をかけようと思ったらキリがありません。

 

例えば、高級ジムに通ってパーソナルトレーニングを受けるとか、自宅に全身をトレーニングできるホームジムを設置するなど。

 

しかし、そういったことにお金をかけてもそれに見合った効果を得られるとは限りません

なぜなら、ジムに入会・道具を購入しても、実際にやらなければ何にもならないから。

 

つまり、「ヤル気を出して実際に体を動かす」ことと「適切な間隔で続ける」ことが出来なければ意味がないのです。

というわけで今回は、筋トレにとって1番大切である継続と、モチベーションを上げるためのお金のかけ方をまとめます。

 

筋トレにおいて1番大切なこと 〜継続

ご存知の通り、筋トレは続けなきゃ効果が出ませんよね。

この続けるというのはどんなことに関しても永遠のテーマみたいなもので、言うのは簡単でも実行するのは難しいです。

 

超革新的な内容ではありませんが、私なりに考え実践して効果があった方法を挙げておきますね。

 

小さな目標を立てる

まずは、すぐ手が届きそうな簡単な目標を立て、それを達成したら次の手が届きそうな目標を立てるようにすると、目標設定による効果が出やすいです。

途方もない目標を立てても、途中で「いや、ムリでしょ」と感じて挫折するだけですから。

 

達成度が目に見える形にする

紙に日付けと種目を書いて、やった日にはシールを貼って行くとか、毎日鏡の前で写真を撮るなど、達成度が見えるとやる気が出ます

表形式にして昔懐かしのシールを貼っていく方法は、一見子どもじみていますがその効果はあなどれませんよ。

 

他人の手を借りる

昔、親や先生に怒られるのが嫌だから宿題をやる、なんて経験がないですかね?

それと同じような感覚で、妻や彼女にお願いしてうるさく言ってもらったり、同じような想いを持つ友人(ライバル)と一緒にやるなどです。

 

せっかくお願いして口うるさく言ってもらったのに、喧嘩にならないように気を付けましょう。

 

継続についてお勉強してみる

継続について“教科書”で勉強してみるのも手です。このテーマについては、面白い本がたくさん出ています。

»継続についてAmazonで検索してみる

 

本を2、3冊読むだけでも結構やる気が持続できますよ。

モチベーションを上げるためにお金をかけるべき

元気があれば何でもできる! ヤル気があれば何でもできる!

というわけで、どんな時もヤル気を出すつまり、モチベーションが上がればこっちのもんですよね。

 

ここでも、私がよく実践しているモチベーションを上げる方法をお伝えしておきます。

 

部屋の温度を調整する

冬は寒けりゃヤル気は出ませんし、夏は暑過ぎればヤル気は出ませんよね。

部屋の温度を適切に保つことは筋トレの効果アップにもつながるとのこと。

 

そう言えばフィットネスジムって、いつ行っても半袖でもトレーニングできるくらい、ちょうど良い室温ですもんね。

個人的にはちょっと暑いくらいの方が好きです。

 

イヤホンでお気に入りの音楽を聴く

やっぱノリノリの音楽を聴くとテンション上がりますよね。

聴き方として、スピーカーからではなくイヤホンというのがミソで、これはなるべく他の音を遮断して集中力を高める効果を狙っています。

 

最近のプレイヤー(スマホ含む)は小さくて軽いので、トレーニングの邪魔になりません。

 

上がるポスターを貼っておく

よく、なりたい体のポスターや写真を貼っておいて、イメージしながらトレーニングするとその体に近づけるという説があります。

この真偽は定かではありません。

 

が、好きなタレント(男女問わず)やカッコイイ体のポスターを貼っておくと、テンションが上がるのは事実です。

ただし、ムラムラくるやつは辞めましょうね。笑

 

最初にご褒美を用意する

人はインセンティブ(ご褒美)があるとヤル気が出るものですよね。

例えば、ハードにやった日は焼肉を食べに行くとか、土曜日だけは何を食べてもいい「チートDAY」にするなど(食事制限もする場合はかなり有効)。

 

先にご褒美まで決めてしまうとメリハリがつきますよ。

オススメのもの

最後にモチベーションを上げるのにオススメなものもをいくつか紹介します。

 

ワイヤレスイヤホン

個人的には必須です。せっかくイヤホンでBGMを流して集中力を高めようと思ったのに、トレーニング中にコードが絡まったり引っかかったりすると、逆に気が散ってしまいますよね。

それを解決してくれるのがワイヤレスイヤホンです。

 

私はiPhone ユーザーなので、AirPodsを使っていまして、コンパクトで非常に使い勝手が良いですよ。

移動範囲が狭ければ、iPhoneはそこら辺に置いておくこともできるので便利です。

»Amazonでワイヤレスイヤホンを探す

 

月額課金の音楽配信サービス

ここ最近流行っているのが、月額課金制の音楽配信サービスです。月に数百円程度で、何千曲もの音楽が聴き放題(ストリーミング再生)というもの。

音楽が特に好きで、トレーニング以外でもよく音楽を聴く人や定期的に新しい曲をチェックしたい人にはおすすめです。いくつかあげておきますね。

 

  • Apple Music
  • AWA
  • LINE MUSIC
  • Amazon Music Unlimited
  • Google Play Music

 

大容量のシェイカー

筋トレに慣れてくると、トレーニング中に飲むものにもこだわりが出てきます。

例えば、アミノ酸・BCAA・クレアチンなどですね。

 

これらは粉を水に溶かして飲むタイプが主流ですから、シェイカーを使うことになります。

そしてハードにトレーニングする時は特に量を飲みたくなるはず。

 

ただ、日本の製品は小さいものが多いので、海外製の大容量タイプがおすすめになります。

私が使っているのは以下の製品で、ムラなく混ぜるための“ボール”も付いていますから、大容量でも粉がダマになりませんよ。

 

興奮する漫画や雑誌

ムラムラする方ではなく、アドレナリンが分泌されるような内容の漫画や雑誌も効果的。

具体的にこれじゃなきゃダメだというわけではなく、自分が好きな作品があればそれで良いと思います。

 

特に格闘系の漫画はオススメで、例えば「刃牙シリーズ」や「はじめの一歩」などです。

ただし、ヤル気を出そうと思って読み始めたらどっぷり浸かって筋トレの時間がなくなった、なんてことにならないようくれぐれも注意しましょう。

まとめ

筋トレはタダでできますし、体力アップやアンチエイジングなど様々な効果が期待できます。

ただし、効果を得るには継続が不可欠で、そのためにはお金もかけるべきです。

 

今回のポイント

筋トレにとって1番良いお金のかけ方は「モチベーションが上げ続けられる」仕組みづくりなので、そのためのアイテムやサービスにお金をかけよう!

 

PS

記事内では触れませんでしたが、筋トレとセットで考えなければならないのが筋肉のもとであるタンパク質の摂取

そのタンパク質を最も効率的に摂取できるのが、鶏のささみ、ではなくてプロテインです。

 

プロテインにはもちろんお金がかかりますが、一杯当たりの値段はコンビニのコーヒーより安いです。

ただ、何でもいいわけではなく飲むものによって効果が全然変わってくるということ。

 

詳しく以下の記事で説明していますのでチェックしておいてください。

参考:アラフォー男でもたった1ヶ月で腹筋が割れたプロテイン「ビルドメイク24」とは!?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました