肉体労働は底辺の仕事だとバカにするヤツも結局は同じ社畜だという話

どんゴリ(@dongori_momoki)です。

 

どんゴリ
どんゴリ

肉体労働を底辺の仕事だとバカにするヤツがいますが、結局は同類だという話をします。

 

肉体労働と聞くと、低学歴の人がやる仕事だとか、元ヤクザやリストラされたリーマンがやることなどと言われることがありますが、ハッキリ言って偏見です。

なぜなら、どの業界でも学歴や職歴は様々ですし、仕事の内容に関しても決して簡単ではなくむしろ高度な技術や集中力を要するから。

 

私は理系の大学を出てIT企業でサラリーマンとして5年間働いていましたので、肉体労働を“外と内”から見てきました。

その経験も含めて今回は、「肉体労働を底辺の仕事だとバカにするヤツも結局は同類だ」ということについて話しますね。

 

加えて、もっと豊な人生にするための方法についても触れていますので、最後まで確認をお願いします。

肉体労働を底辺の仕事だとバカにするヤツも依存している

冒頭にもお伝えした通り、肉体労働は別に底辺でもなんでもありません。

むしろ、世の中にある無数の仕事に関して、それぞれのレベルを考えることは完全に無意味で、超要領が良くてデキる人もいれば、ほとんど生産性のない“給料泥棒”もいるわけです。

 

私が今現在従事している配管工という職種に関しても、作業時には段取りの良さ・機転・集中力・判断力・体力などが求められますし、技術も必要です。

何しろ、一歩間違えれば命を落としかねない作業もありますから。

 

それで、仕事内容は抜きにして働いているほとんどの人に言えるの「依存している」ということ。

この依存とは、会社やその仕事に対して「それ無しでは生きていけない状態」を指します。

 

例えば、「はい、あなたクビです」「明日からもう来なくていいよ」と言われたら、困りますよね。

これは収入がなくなってしまうからですね。収入がなくなれば生活できなくなるのは当然です。

 

そして、そうなってしまわないようにするために、上司や親方に言いたいことが言えず、休みが無くても何も言えず、ストレスや疲労が溜まっていく一方

結局のところ、この「依存している状態」というのは、職種がなん何であれ同じことです。

 

もし今の仕事が急に無くなったとしても、なんのダメージもなく自分の力で生きていけない限りは、言いたいことが言えずすり減ることになるでしょう。

参考:なぜ言いたいことが言えないのか?1番の理由はとてもシンプルだった

 

じゃあその依存している状態から抜け出すには?それができれば、あなたの人生が豊かになると思いませんか?

その具体的な方法について次章で書くことにします。

依存せずに豊な人生を送る方法

依存せずに豊かな人生を送る方法とは、ズバリ「自分で稼ぐ力を身につける」こと!これにつきます。

なぜなら、自分で稼ぐ力があれば、会社で上司にガミガミ言われてストレスを溜める必要もありませんし、そもそも会社に行く必要すらありません。

 

また、他人に時間を支配されず、自分で時間をコントロールできますから、やりたいことに集中できるわけです。

とは言え、一体どうやって?という話になりますよね。

 

その答えは、自分のビジネスを持つことです。

 

自分のビジネスとは何か

自分のビジネスとは、飲食店や職人として独立するなどもありますが、基本的には「ネットビジネス」「投資」をやるべきです。

なぜなら、少ない資金で始められて、大きく儲けられる可能性があるから。

 

例えば、飲食店を始めるなら、店舗や調理器具や消耗品などを含めて500万〜1,000万円くらい必要だと言われています。

職人として独立するとしても、道具を揃えたり倉庫を借りたりするのに資金が必要ですし、大きな工事を請負うには人をたくさん雇わなければなりません。

 

一方、ネットビジネスや投資は、パソコン1つあれば可能で、初期費用もほとんどかかりません(もちろん投資には原資が必要ですが)。

最近では、パソコンではなくスマホでもほとんどの作業ができるようになってきました。

 

具体的な例をあげると以下のようなものがあります。

 

  • ネット転売
  • アフィリエイト
  • コンテンツ販売
  • YouTuber
  • フリーエンジニア
  • フリーライター
  • コミュニティ運営
  • ネットスクール運営

 

私も現在はブログによるアフィリエイトやコンテンツの販売をやっています。

配管工のお役立ちノート

 

例えば、以下の記事にて有料のコンテンツを販売する方法を解説していますよ。

有料noteを売ってみた!その結果は?【ブログのマネタイズ方法】

 

自分で稼ぐ方法を知り、そして身につけると、気持ちの余裕が生まれます。

この気持ちの余裕ってすごく大事で、副業でやっているなら本業にも影響しますし、家族にも優しくなれます。

 

そうなるとますます自分のビジネスに集中できて、収益も上がるという好循環が生まれるのです。

ただし、そうなるまでには結構な時間が必要です。知識の習得や淡々とした作業の積み重ねも要ります。

 

特に、努力の方向性を間違えると、時間をかけて頑張っているのに全く収益があがらない事態に陥ります

それを防ぐには「正しいやり方」を知ること。

 

私は遠回りや無駄な努力が嫌だったので、「次世代起業家育成セミナー」というオンラインセミナーのコンテンツをひたすら観て聴いて、失敗しないための戦略や戦術を勉強しました。

これが超高額の塾か何かと思われるかもしれませんが、実際私が学んだのは“全てが無料の教材”です。

 

興味のある方は以下から登録すれば、すぐにそれと同じ教材が手に入りますよ。

https://jisedai.me/alpsp/?a10=FM7CZ

 

教材を手に入れるには何のリスクも無いですし、むしろコレをもらわないことの方があなたにとって大きな損失だと思います。

ビジネスの本質を知り、できるだけ無駄な努力は回避してください。

まとめ

肉体労働が底辺の仕事だというのは偏見です。

もしバカにするようなヤツがいたとしても、その人が会社に依存しているなら状況としては同じこと。

 

自分の力で稼ぎ、自分の時間をコントロールできるようになりましょう。

 

今回のポイント

仕事の内容に関わらず、会社に依存しているなら、それは好ましくない状態。それを脱却し、人生をより豊かにするために自分のビジネスを持つべき。

コメント

タイトルとURLをコピーしました