ガテン系の将来ってどうなの?現役配管工(元IT系)が考えてみた!

どんゴリ(@dongori_momoki)です。

 

どんゴリ
どんゴリ

ガテン系の将来ってどうなの?ガテン系の仕事を「外と内」から見てきた元IT系の配管工がお答えします。

 

暑い日も寒い日も大雨の日も、毎日ハードな現場で肉体労働に従事するガテン系の仕事。

私もこの業界に入って10年経ちましたが、段々と将来性が分かってきました

 

元々IT系の企業でSEとして6年働いていた経験も含めて考えてみることにします。

ガテン系の将来は「薄暗い・・・」

いきなり結論から言ってしまいますが、「ガテン系の将来は薄暗いです」

なぜなら、経済的に停滞している現在とこれからの時代に、「職人の単価」が大きく上がることは考えにくいのと、そもそも自分の時間を売って稼いでいるスタイルだから。

 

ガテン系職人の単価について

この記事を書いている現在(2020年5月)もコロナショックによって、世界経済が大打撃を受けており、これから大きな不況がやってくると予想されています。

工事もかなりの数が中止・停止・延期になりましたし、私の周りでも「現場が止まってしまって大変・・・」という声をよく聞きます。

 

そんな状況の中で、最悪減ることがないとしても単価が上がるってことが考えられますかね?

私は無いと思います。100%断言できるのは、例え上がることがあっても“上がり続けることは無い”ということ

 

単価が上がり続けるということは、業界的にバブルのような状態がやってくることになりますが、それはなさそうですよね。

むしろ建設業界も、システム化・機械化が進み、外国人労働者が増す中で、本当に技術を持っている職人以外は、逆に給料が下がるのではないかと思っています

 

ガテン系は自分の時間を売っている

ガテン系の仕事は基本的に時間を売っています。実際のところ、これはお金を稼ぐ方法としては超効率が悪いです。

分かりやすい例で言えば、私のような配管工は、現場に出なければ1円もお金は発生しません。はい、当たり前です。

 

でも世の中には、そうじゃない人もたくさんいます。

例えば身近なところで言うと、あなた会社の社長はどうでしょうか。毎日現場に来てますかね?

 

もちろん規模の小さい会社なら、社長も現場で一緒に作業をするでしょうが、規模が大きくなれば、ほとんど現場には出ず職人やお金の管理ばかりやっているでしょう。

まぁ本来、経営者はそれが仕事ですから。

 

中には皆さんが汗水垂らして作業している時に、南の島でのんびりしていることだってあり得ます。

また、他にも稼ぐ方法は実にたくさんあり、中でも「権利収入」が最強です

参考:【正攻法】世の中で「お金を得る方法」を全てあげてみた【13種】

 

他の仕事をしたことが無い人はちょっとピンとこないかもしれませんが、いずれにしても時間を売って稼いでいる限り人生は豊にできません

真っ暗ではない?

ガテン系の将来が真っ暗ではなく薄暗いと含みを持たせたのは、依然としてこの業界が人手不足であることは事実だからです。

贅沢を言わなければ、まず食いっぱぐれるということは考えにくいでしょう。

 

何せ、俗に3Kと言われるガテン系の仕事ですから、とにかく離職率が高いのと、普通に考えてやりたいと思う人が少ないからですね。

特に「草食系男子」なんて言葉ができるこの時代ですから、特に若い世代はガテン系で一旗上げてやるぜ!という人は少ないでしょう。

 

競争率が低く、割と“どんな人”でもできるという点では、他の業種に類を見ないかもしれません。

現役の配管工として死に物狂いで頑張った結果…

私は配管工になっておよそ10年、早く一人前になろうと毎日死に物狂いで頑張り、資格も取得し、多くの現場で職長としてメンバーをまとめることも経験してきました。

その甲斐もあって、今ではこの仕事を始めた時の日当より昇給しています。

 

その額はなんと、「800円」です!

なんの嘘偽りも無いですよ。正真正銘、約10年間で100円玉8枚分です。

 

私は今の親方(社長)が好きで尊敬しているので、お金というよりは人望に対してついて行ってます。

ただ正直なところ、将来的にはかなり不透明だと感じていて、もっと人生を豊かにしたいので、自分のビジネスを持っています

 

自分のビジネスなんて言うとカッコよく聞こえるかもしれませんが、要は副業をやっているということ

例えば私が運営している以下のブログでは、何もしなくても毎月広告収入が振込まれます。

配管工のお役立ちノート

 

それ以外にも、自分で作成した教材を販売したり、アフィリエイトをやったりして、「ガテン系以外の収入の柱」を構築しているのです。

今の仕事内容が好きで収入的にも満足しているとしても、時間を売っているという稼ぎ方や将来に少しでも不安があるならば、間違いなく今すぐに自分のビジネスを始めるべき。

 

とは言っても、何をどうしたら良いのかいきなり分かるわけないですよね。

そこで、今の時代に資金やコネや特殊スキルなどが無い個人が何をやるべきなのか?どうすれば将来を豊にできるのか?を知ることができる電子書籍があります。

 

Amazonでランキング1位を獲得し、もちろん有料なのですが、今なら無料で読むことができます。

以下のページからダウンロードしてPCやスマホですぐに読めますよ。

自由な人生を手に入れる教科書

まとめ

今回は現役配管工(元IT系)である私が、ガテン系の将来について考察してみました。

ガテン系の仕事は、俗にいう3Kである職種が多いのはもちろん、自分の時間を売って稼いでいる時点で好ましい状況とは言えません。

 

この記事を参考に、ご自身の現場や今後の見通しについて考えてみてください。

 

今回のポイント

ガテン系の将来は、現在や今後の経済状況を考えても、非常に薄暗い。少しでも将来に不安を感じるなら、自分のビジネスを持ち収入の柱を作るべき。

本気でビジネスを学びたいなら選ぶべきスクール

コメント

  1. […] 参考:ガテン系の将来ってどうなの?現役配管工(元IT系)が考えてみた! […]

タイトルとURLをコピーしました