肉体労働は誰もが体を壊す運命!?早く辞めるための最良の方法とは?

どんゴリ(@dongori_momoki)です。

 

どんゴリ
どんゴリ

肉体労働は体を壊すリスクが高いのは紛れもない事実です。早く辞めるために最良の方法をお伝えします。

 

肉体労働は体を使う仕事ですから、デスクワークに比べればどうしても体を壊すリスクが高いです。

高所から落ちたり電動工具で指を切ったりして怪我をするかもしれませんし、劣悪な環境での作業が原因で持病が悪化することもあり得ます。

 

そう考えると、あなたがもし肉体労働をどうしてもやりたい!ということでなければ、できるだけ早く辞めた方が良いと思いませんか?

そこで今回は、肉体労働で体を壊すケースをお伝えし、早く辞めるために最良の方法についてもお話します。

肉体労働で体を壊すケース

肉体労働で体を壊してしまうケースというのはいくつかのパターンに分けられます。

どれに該当するかよりも、「複数に該当しているほどまずい」ということ。それが次の3つ。

 

  • 作業中の事故や作業環境による怪我
  • 法外な残業・休日出勤・夜勤
  • 飲酒や喫煙(受動喫煙)

 

順に説明していきますね。

作業中の事故や作業環境による怪我

肉体労働がデスクワークに比べて怪我するリスクが高いのは当然ですよね。何しろ、体を張って危険作業をすることも多いですから。

重量物を運搬中に手足を挟んだり、電動工具に指を巻き込まれたりといった軽微な事故はよく耳にしますし、転落や重機との接触による重大災害も無くなりません。

 

また、粉塵が多い作業が原因の病気や、不衛生な場所での作業により体に異常(発疹や咳など)が出ることだってあります。

この辺りは、まさに3K(危険・きつい・汚い)である肉体労働の宿命でしょう。

 

法外な残業・休日出勤・夜勤

少し前からブラック企業なんて言葉を頻繁に耳にするようになりましたね。

私が身を置いている建設業界に至っては、昔から“法の外”にあるようなものなので、従業員を奴隷のようにこき使う経営者も少なくありません

 

日勤と夜勤の繰り返しを強要されたり、有無を言わさず休日出勤で何ヶ月も休めなかったりといったことが実際にあるのです。

そうなれば体を壊すのは必然ですよね。

 

飲酒や喫煙(受動喫煙)

私が知る限り、職人は喫煙率が多いです。(私は10年前にやめました)

職人ではない友人や知人では喫煙者がほとんどいませんが(やめた人も多い)、職人ではタバコを吸ってない人は2、3人です。

 

しかもこの時代に“吸えるのが当然”と考えている人も多く、喫煙可で煙がモクモクの詰所があったり、喫煙所が無くなると聞いて現場をボイコットする業者がいたりします

それからお酒好きも多いですね。

 

リアルなアルコール中毒の人を何人も見たことがありますし、ひとたび飲み会ともなれば本当にみんなよく飲むなぁと感じます。

それでビール腹の人も多いんですよね。汗

 

酒・タバコは体を壊す最もな原因の1つですから、やればやるほど体は蝕まれていくのです。

 

肉体労働を早く辞めるために最良の方法

もし肉体労働を早く辞めたいなら、「収入の柱を変えるか新たに作る」ことになります。

当たり前の話ですが、ただ単に辞めるだけでは生活していけないからですね。

 

そこで私がおすすめしたいのはネットビジネスによる副業です。

職人が副業に向いていると言えることについては以下の記事で詳しく解説しています。

参考:【年収アップ】現場職人が副業をするのに適している4つの理由とは?

 

ネットビジネスというのは、その名の通りインターネットを使ったビジネスのことであり、小資金で始めて大きく稼げる可能性のあるビジネスのこと。

具体的には以下のようなものがあげられます。

 

  • Webライター
  • サイト・ブログアフィリエイト
  • YouTuber
  • コンテンツ販売
  • ネットコミュニティ運営
  • 有料メルマガ配信
  • ネット転売

 

これらはビジネスのすごいところは、パソコンやスマホ1台あれば完結できて、個人でも世界中の人を相手にできること。

このようなビジネスモデルは、飲食店の経営や在庫を持つ小売店などでは考えられません。もちろん職人として独立した場合もそうです。

 

しかも、いきなり多くの時間をかける必要もないため、副業に向いています。

最初は1日1〜3時間程度かけてコツコツと頑張り、軌道に乗ってから独立するというステップを踏む人も多いですね。

 

まとまった収入を得るまでには、ある程度の勉強や作業量が必要ですが、取り組みやすさと将来性を考えれば、今の時代に最も適したビジネスと言えます。

 

自分のビジネスなんて嫌だという人は?

もし、雇われることが自分には合っている、どうしても自分でビジネスなんて考えられない、という人は転職エージェントを利用するのが手っ取り早いです。

なぜなら、自分にはどんな仕事が向いていてどんな職種が採用されやすいかや、これから伸びそうな分野などを知ることができるから。

 

また、転職相談のプロによる転職活動時のアドバイスをもらえたり、独自のパイプにより優良案件を紹介してもらえたりします。

これだけのメリットがあっても利用はほとんどが無料ですから、登録だけしておいても損はないでしょう。

 

とは言え、サービスを提供している会社は無数にあり、選ぶ基準も様々ですから、この点はまた別の記事にまとめますね。

補足:自分の体を守るために

いくら肉体労働を早く辞めたくても、すぐに辞めれる人はなかなかいないでしょう。

なので辞めるその日まで、できるだけ怪我や病気をしないよう自分の体を守りましょう。

 

そのためにやるべきことは以下の3つ。

 

  1. 栄養を考えた食事をする
  2. 筋トレをする
  3. 睡眠はできるだけ削らない

 

栄養を考えた食事をする

体を管理する上で食事の管理は基本です。人間の体は食べたものから作られていますから。

好きなものを食べたいだけ食べていたら、太るリスクは高くなりますし、見た目には太っていなくても内臓への負担が大きくなるのは確実です

 

また、お酒に関しても飲み過ぎが体に悪影響なのは分かりきっていること。

にも関わらず、私の周りにもお酒好きな人が多いんですよね。肉体労働でたくさん汗をかいた後に飲むビールは格別ですからね。

 

それから栄養と言えば、特に肉体労働者に圧倒的に不足していて、筋力を維持するカギになるのが「タンパク質」

ただ、タンパク質を食事から効率的に摂取するのは非常に難しいため、そこはプロテインなどをうまく利用してみてください。

参考:腹筋が割れないのはプロテインに問題があった!?本当に飲むべきプロテイン3選!

 

筋トレをする

肉体労働は従事しているだけでも体力や筋力はつきますが、特定の動作さ部位に限られたものが多いです。

例えば、私のような配管工であれば、レンチなどで締付ける作業が多いため、前腕廻りはすごく発達します。

 

足場の組み立てを行う鳶職なら、高所での作業が多いため、脚廻りのバランスを取るための筋肉が発達するでしょう。

それはそれで良いのですが、やはり全体的に筋肉をつけた方が体幹も強くなりますし、あらゆる動作に対処できます

 

パワーが必要な作業も多いですし、関節や骨の強化にもなりますから、怪我のリスクを減らすこともできるのです。

 

睡眠はできるだけ削らない

先に体を壊す理由でもあげたように、日勤と夜勤を繰り返している人を結構見かけます。

また、職人の朝はとても早いのですが、にも関わらずゲームをしたり飲みに行ったりで「睡眠時間を確保できていない」人も少なくありません。

 

睡眠不足が良くないということは、誰しもなんとなくは分かっていると思いますが、様々なデメリットがあります。

 

  • 疲れが取れない
  • 起きている時も頭がボーッとしている
  • 目覚めがスッキリしない
  • 免疫力が低下する

 

特に免疫力が低下することにより、胃腸炎やインフルエンザなどにかかるリスクも上がります。

免疫力と聞くと、ここ最近のコロナ禍で敏感になっているかと思いますが、免疫力を維持するためには1日6時間以上の睡眠がカギになると言われています。

 

病気になるリスクをできる限り下げるのなら、睡眠時間の確保は基本中の基本と言えるでしょう。

まとめ

今回は肉体労働において体を壊す原因となることや、早く辞めるためにやるべき内容を具体的にお伝えしました。

肉体労働が不正解でデスクワークが正解というわけではなく、自分が健全であり続けられる働き方がベストだということです。

 

そのためにも今回の記事をヒントにしてみてください。

 

今回のポイント

肉体労働は作業内容や職場環境により体を壊すリスクが高い。もし早く辞めたいなら、今すぐ行動(副業から自分のビジネスを始める)するべき。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました